エキナ新開地店OPEN
SWEETS GIFT
LINEスタンプ「パティシエ・ムッシュ君family」販売中
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2016年10月29日

「ランチは姫路でスパイスカレー。」



姫路で打ち合わせがあったのでランチはspiceスエヒロさんにお邪魔しました。OK

店構えはカレー屋さんというよりお洒落なカフェといった感じです。チョキ

メニューや装飾がとてもセンス良く飾ってあり

女性の方でも1人でも入りやすいと思います。花まる

チキンと野菜の豆乳グリーンカレーをオーダー!

先ずはシャキシャキとした食感の冷えた野菜が出てきます。

食べると次に出てくるカレーへの食欲が湧いてくるのです。

二種類のスパイスの香りがいいですね・・・・・・OK

それぞれ少しずつ変化があり美味しいです

オーナーも一見日本人離れした風貌に柔らかい物腰のトークが魅力的な方ですよ。

姫路の沢山あるカレー屋さんで、食べログで2016年上位のお店らしいですね。王冠

ともかくとっても美味しかったです、また行きたいお店です。

ご馳走様でした!ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:53Comments(0)おすすめ

2016年09月10日

「田園風景を見ながら蕎麦ランチ。」







丹波篠山で仕事がありランチは「一会庵」さんで蕎麦を頂きました。OK

周りは田園ばかりで、のどかな場所にありメロメロ

300年前の民家らしく、昔話に出てきそうなお店です。オドロキ

メニューは、冷たい蕎麦(そば切り)、そばがき、そばぜんざいの3種のみ

先に そば切りは注文していたのですが、追加で 「そばがき」も注文しました。チョキ

お蕎麦、本来の風味を味わうため、しっかりした固めの蕎麦

ツユは濃いめで、ちょとつけるツーなツユかなチョキ

そば湯は、濃いめの白で満足しました。

歴史を感じさせる空間で田園風景を見ながら

心地よい時間を過ごせました。ごちそう様でしたニコニコ

  


Posted by 松田安正 at 06:58Comments(0)おすすめ

2016年09月04日

「スパイスカレーにハマっています。」





イワセエスタ フーズメッセの後、ランチはコロンビアエイトのカレーピカピカ

ここに来るのは三回目・・・・・OK

スパイスカレーの中では、ここが一番好きです。メロメロ

注文の前に、お店からのルール説明。!

提供しているカレーは3種類、キーマカレー、花火、花火DX

初めての方は、花火&花火DXは辛すぎるため、注文不可との事。ちっ、ちっ、ちっ

二回目三回目は花火を注文チョキ

辛い物好きなら、抜群に美味しい・・・・メロメロ

ちなみに、上に乗った獅子唐は

メニューの裏側にあるとおり、左手に持ってカレースプーンを右手で持ち

一緒に食べるのです。オドロキ

ホント美味しいスパイスカレーです。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:54Comments(0)おすすめ

2016年08月28日

「ランチは靖国そば。」



ランチは靖国神社内にある外苑休憩所の「靖国そば」OK

全国から訪れる参拝客や近隣のビジネスマンやOL、

タクシー運転手などがランチを楽しむ姿が見受けられました。チョキ

めん類のメニュー表で、「天ぷら」や「山菜」とともに並んでいる

「靖国」の文字がひときわ目を引かれました。オドロキ

よもぎそばを使用し、錦糸卵や山菜、しいたけ、豚肉、かまぼこ、わかめ、ねぎを

トッピングした、いわゆる「全部入り」のそば。メロメロ

桜の時期や行楽シーズンは、1日に500~600杯の注文が入るらしいです。オドロキ

何か名物メニューをと考え提供し始めたのは35年ほど前からで

今では参拝客のほとんどが注文する名物メニューとなっているようです。花まる


  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)おすすめ

2016年08月20日

「夏を吹っ飛ばす辛味噌らーめん。」



大阪で打ち合わせがありランチはラーメン・・・・・・ラーメン

以前から気になっていた大阪ラーメンランキングの彩々さん

この暑い中で行列が出来ていたので

本物だと思い・・・・並ぶのが嫌いな私が並んでみました。ちっ、ちっ、ちっ

10人ほど並んでいましたが意外と早く順番が回ってきました。

味噌ラーメンが看板メニューらしいという情報があったので、

スタンダードの方じゃなく、ちょいと刺激が加わった「辛味噌らーめん」をオーダーメロメロ

味噌らしい良い色をしたスープの上には、

辛味噌というだけあり、大量の一味が振りかけられていて、オドロキ

あとは大きめなチャーシューが一枚、長葱、モヤシ、茹で卵といったトッピング

まずは一味がかかっていない部分をすすってみると、まさしく味噌といった

濃いめですがマイルドな味わいです。花まる

麺は中太の縮れ系でモチっとしていて食べ応えがあり、

スープとも絡みも良く、美味しかったです。

行列のできるラーメン屋さんのイメージは「こってり」「濃い味」というイメージですが

スープを飲み干せる一杯でした。ニコニコ



  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)おすすめ

2016年08月12日

「五所川原の蛤ラーメン。」



青森の気温はもちろん暑いですが・・・・関西とは暑さのレベルが違います。ちっ、ちっ、ちっ

それでいて朝晩は結構過ごしやすく上着を着てちょうどいい感じです。OK

そんな涼しい夏の青森で最後のランチは以前か気になっていた

五所川原市にある『麺屋 遊仁(あそびと)』さんに行ってきました。ラーメン

立佞武多の館近くのトカトントンスクエアにお店はあります。

煮干し王国の青森県ではハマグリを使ったラーメンを提供するお店は珍しいですね。オドロキ

『蛤そば』はハマグリ、チャーシュー、メンマ、白髪ネギ、三つ葉が入っています。花まる

麺は全粒粉の中細麺で、このタイプの麺も青森県内では珍しいですね

全粒粉の麺ですが程よいモチモチした食感です。メロメロ

スープは鶏ダシがベースですが、具材のハマグリからもダシが出ているので

鶏とハマグリのブレンド・・・・・OK

スープはハマグリの旨味を最初に感じますが、後味はベースとなっている鶏ダシ

味わい深いスープですがサッパリしていて

白髪ネギや三つ葉もスープを盛り立てます。

今回は醤油でいただきましたが塩味も気になります。

ご馳走様でした。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)おすすめ

2016年08月09日

「青森ローカルフードのざる中華。」



青森に出店して6年目になりますが!

初めて青森ローカルフードの「ざる中華」を食べました。オドロキ

「ざる中華」はざるそばベースで、そばが中華麺に置き換わったもの・・・・・キョロキョロ

本当に、そばと中華麺が置き換わっただけです。

薬味はそば同様、ネギ、わさび、うずら卵です。めんつゆは、甘いそばつゆでした。チョキ

中華麺のかんすいが効いた独特の風味を味わいつつ、

甘みのあるそばつゆも楽しむという面白さ。OK

私はかなり美味しいと思いました。花まる

青森では普通の食べ物らしく、地元に昔から親しまれている食堂などで食べることができます。

いわゆる観光客向けのお店では見られない一品なので、

これを食べたら「青森ツウ」な食べ物なのです。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:57Comments(0)おすすめ

2016年07月28日

土用丑の日とウナギの関係は・・・



土用丑の日とウナギの関係は・・・キョロキョロ

夏の土用の時期は暑さが厳しく夏ばてをしやすい時期ですから、!

昔から「精の付くもの」を食べる習慣があり、土用蜆(しじみ)、

土用餅、土用卵などの言葉が今も残っています。

また精の付くものとしては「ウナギ」も奈良時代頃から有名だったようで、!

土用ウナギという風に結びついたのでしょう。

今のように土用にウナギを食べる習慣が一般化したきっかけは

幕末の万能学者として有名な平賀源内が、

夏場にウナギが売れないので何とかしたいと近所のウナギ屋に相談され、

「本日、土用丑の日」と書いた張り紙を張り出したところ、キョロキョロ

大繁盛したことがきっかけだと言われています。オドロキ

丑の日とウナギの関係ですが、丑の日の「う」からこの日に「うのつくもの」を食べると

病気にならないと言う迷信もあり、「ウナギ」を食べるようになったそうです。OK

名古屋で毎年この時期、カーゴさんと打ち合わせ後のランチは鰻丼花火

今回は名の通った人気のお店「うな豊」でランチ。ピカピカ

歴史を感じる外観。

近くを歩くと炭焼きのいい匂いが漂ってきます。メロメロ

綺麗な焼き色。 バリっとした表面と肉厚でふっくらした身が絶妙な焼き加減。 チョキ

香ばしい香りも良いです。とても満足度高いうなぎ屋さん。ごちそうさまでした。花まる
  


Posted by 松田安正 at 06:55Comments(0)おすすめ

2016年07月26日

「桃フェア2016.」



7~8月は、初夏の味覚「桃」を贅沢に使った人気のフェアを今年も開催いたします。花火

白桃を使い、全8種のスイーツに仕立てます。メロメロ

ももんぶらんOK

桃と一緒に香ばしく焼き上げたアーモンド風味のタルト。カスタードクリーム、スポンジ、桃風味の生クリームで仕立てました。

ももろ~るチョキ

しっとりと焼き上げた桃風味のスポンジで、白桃、桃風味の生クリームをまきあげました。

桃クレープニコニコ
しっとりと焼き上げた桃風味のスポンジ。桃風味の生クリームと白桃をサンド。

桃のレアチーズニコニコ

口溶けなめらかなレアチーズクリーム。旬の桃をほんのりピンク色に染め、桃のジュレで閉じ込めました。

桃の果樹園ハート

しっとりと焼き上げたスポンジを、生クリーム、カスタードクリーム、白桃でサンド。カスタードクリームでコーティングしたデコレーションは、カラメルパイとの相性が抜群です。

丸ごとピーチニコニコ
旬の桃を丸ごと1個使ったデザートです。種をくりぬき、カスタードクリームをつめました。葉っぱのイメージは、メロンのジュレで表現しました。

フレッシュピーチのタルトOK
香ばしく焼き上げたアーモンド風味のタルトに、フランボワーズのコンフィチュールと、カスタードクリーム。旬の桃を食べやすくカットし、トッピングしました。
  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)おすすめ

2016年07月06日

「五所川原市金木町にある嘉瀬のラーメン家さん。」



五所川原市金木町にある『嘉瀬のラーメン家』さんに行って来ました。クルマ

お店は嘉瀬駅の近くにあります。

民家のガレージを改造したお店はカウンター5席のみ。オドロキ

カウンターからは調理風景は全く見えませんが、

先客のラーメンの湯切りの音が聞こえるのみです。オドロキ

音のみですが、しっかり湯切りされている

最近湯切りが甘いラーメン屋を良く見かけますが、

こちらの店を見倣っていただきたいものです花まる

しばらくして『醤油チャーシューメン』が到着。ラーメン

『醤油ラーメン』は鶏チャーシューとネギが載せられているのみのシンプルな構成。

麺はコシの強いストレートの細麺を使用。

鶏のダシが染み出たスープはほんのり甘みも感じますが、

醤油とのバランスが良い仕上がりですねチョキ

スープに浮かぶ鶏油もしつこく無いためサッパリいただけます。

鶏チャーシューもしっとり美味しいです

これだけ美味しいラーメンを提供してくれるこのお店は少ないかも・・・OK

ホント美味しかった。ご馳走さまでした。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:53Comments(0)おすすめ

2016年06月30日

「ランチは淡路のお寿司。」



淡路に出張でランチは中川君を呼び出しました。ダッシュ

中川君とは青年会議所で知り合った友人です。

律義な男でブログに載せるから写真を撮ろうと言うと・・・・・OK

今日はラフな服装なので次回、スーツでお願いしますと言うのです。ちっ、ちっ、ちっ

まあ良いから良いからと記念撮影カメラ

食事をしたのは淡路青年会議所現役メンバー吉田君のお店「源平」さんです。ピカピカ

場所は淡路島の明石海峡大橋のすぐそばにあります。

お寿司は新鮮なネタでもちろん美味しいのですがメロメロ

このお店の一番の特徴として、ロケーションの良さから、

カウンター席からガラス越しに明石海峡大橋が望めるという、素敵な特典付きです。

本当に美味しかったです。吉田君、中川君ありがとう花まる

またゆっくり会いましょう!ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:53Comments(0)おすすめ

2016年06月22日

「和歌山でクオリティーの高い1杯に出逢えました。」



和歌山に出張でのランチは美味しい寿司かなと思いましたが・・・・OK

やっぱりラーメン赤面

1953年創業の山為食堂に行きました。ダッシュ

和歌山市でも中心街に位置した、60年以上の歴史がある老舗食堂なのです。オドロキ

古き昭和のノスタルジーな雰囲気がある佇まいで

食堂の名の通り、うどん等の麺類や丼もの等の品揃えも豊富です。花まる

スープは、まったりとし髄の旨味まで抽出された重厚なボディの豚骨醤油です。チョキ

麺は、一般的な和歌山ラーメンとは異なる、特徴的なストレート太麺で、

もっちりとコシのある食感で、重厚なスープにマッチしています。OK

和歌山でクオリティーの高い1杯に出逢えました。

御馳走様でした。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:54Comments(0)おすすめ

2016年05月27日

「暑いときはスパイスカレーが美味しい。」




毎週金曜日はカレーの日。OK

海上自衛隊では、長い艦上生活において曜日感覚を失わないために、

毎週金曜日の昼食にカレーライスが食べられていることから。

大阪で打ち合わせがありランチはコロンビアエイトのカレーオドロキ

スパイスカレーの中では、ここが一番好きです。チョキ

注文の前に、お店からのルール説明。

提供しているカレーは3種類、キーマカレー、花火、花火DX

初めての方は、花火&花火DXは辛すぎるため、注文不可との事。ちっ、ちっ、ちっ

二回目でようやく花火を注文メロメロ

辛い物好きなら、抜群に美味しい・・・・音符

ちなみに、上に乗った獅子唐は

メニューの裏側にあるとおり、左手に持ってカレースプーンを右手で持ち

一緒に食べるのです。ニコニコ

ホント美味しいスパイスカレーです。花まる
  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)おすすめ

2016年04月18日

「ランチは横浜中華街の重慶飯店さん」









菓子部会での楽しみのランチは横浜中華街「重慶飯店」で開催されました。OK

菓子部会メンバーでもある李 宏為さんのお店で

横浜中華街を代表する四川料理の老舗なのです花まる

全ての料理が美味しかったですがチョキ

その中でも麻婆豆腐は絶品です。オドロキ

ここの麻婆豆腐以上の麻婆豆腐には、今のところ出会っていないかも知れません。OK

花椒など本格四川料理のシビ辛の逸品で、かなり辛いです。

しかし、辛いだけではなく、コクがある。本当に旨い。

挽肉も、肉をたたいたものなので、旨味たっぷりです。ピカピカ
 
これをご飯の上にかけて、麻婆豆腐丼にすると、最高に美味しいです。

中華街で一番好きなお店になりました。

ごちそうさまでした。

1Fロービーにて李さんと本年度部会長と担当委員長と記念撮影ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:54Comments(0)おすすめ

2016年04月05日

「神戸で本格スパイスカレー・・・・」






ランチはカレー

元町高架下に『64 CURRY(ロクヨン・カレー)』ってカレー屋さんができていました。オドロキ

「No Curry, No Life! カレーが好きっ!」メロメロ

神戸・元町高架下(通称モトコー)の黄色い壁一面に

赤いペンキで書かれた店舗裏口のインパクトは絶大です。オドロキ

店名からは居留地にあるバービストロの系列店を連想しますが、

どうやらご主人が1964年生まれということに由来するようです。

私と同級生になる年齢です。OK

ご主人の趣味でしょうか、カウンターのみの店内にはいつもロックな音楽が流れています。音符

数々のカレー店を食べ歩いたご主人が作り上げるカレーはキーマカレーの

64カレーとココナッツミルクのチキンカレーのレギュラーカレーに

週替わりカレーの3種類。

ともにサラリとした舌触りの中にジワジワと来るスパイシーな香りが心地良く、メロメロ

水分少なめに炊き上げられたライスとも相性は抜群であいがけもできます。

私は週替わりカレー「レンズ豆のカレーとポークビンダルー」ピカピカ

カレーが好き過ぎてたまらないって人はどうぞ。

神戸で本格スパイスカレー・・・・・メロメロ
  


Posted by 松田安正 at 06:54Comments(0)おすすめ

2016年03月22日

「ランチは神戸の老舗カレー。」




ランチは神戸の老舗カレー店の『SAVOY』さんに行ってきました。OK

こちらのメニューは「ビーフカレー」のみの!

ターメリックライスとややとろみのあるルーという黄金コンビ。チョキ

セットでミニサラダが付いてきます。花まる

ルーは欧風とスパイス系の中間くらいのサラサラ感

ビーフは繊維状になるまで煮込まれているので

旨味の溶け込みが強く、ルーそのものの存在感が引き立っています。ピカピカ

マイルドな辛さの中に、やんわりとした主張し過ぎないスパイスの主張

この旨味・辛さ・スパイシーさのバランスはすばらしいメロメロ

カレーはサッと食べられて

すぐに仕事に戻れるところが良いですよね・・・・・ダッシュ

  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)おすすめ

2016年03月16日

ランチは俺の蕎麦・・・




ランチは俺の蕎麦・・・OK

ここは、「俺のイタリアン 新橋本店」、「俺のフレンチ KAGURAZAKA」、

「俺の割烹 銀座本店」と同じ「俺の株式会社」系のお店でもあります。オドロキ

内は、基本、立ち喰い、立ち飲みのお店で、端の方にテーブル席が少しありますね。

人気の「肉そば」を食べてみました。メロメロ

普通盛りでも十分に量が多く、盛られたそばを見ると、

まず見た目のインパクトはかなりあります。オドロキ

ネギとゴマと海苔で、そばそのものが見えないのです。

これらをかき分けてようやくトッピングの肉にたどり着き、

さらにかき分けてそばに箸が届く。

深い器に盛られたそばの量は300gはあるのではないでしょうか?キョロキョロ

大食い男性には物足りないかもしれませんが、

普通の胃袋の男性であれば満足する量でしょう。花まる

とにかく量と価格が魅力のお店です。

小腹を満たすというよりも、しっかり食べるつもりで行った方が良いでしょうねニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:55Comments(0)おすすめ

2016年02月20日

「裏通りの立呑み屋密集地にある大衆居酒屋さん。」










落語を初体験後・・・・・天満商店街をぶらり歩きOK

JR天満駅から歩いて1分。

裏通りの立呑み屋密集地にある大衆居酒屋「但馬屋」さんに入りました。OK

外観を見てもその雰囲気は天満酒蔵を思わせる佇まいの大衆居酒屋っぷりです。チョキ

壁に貼ってあるメニューを見るとお造りや焼魚,煮魚などの魚介料理や

天ぷら,串かつ,フライなどの揚げ物,そしてホルモンや焼肉などの肉料理に

一品料理がたくさんあってメニューは豊富です!アップ

その中には「エチオピア」や「イヤリング」などの

変わったネーミングのメニューもありました。オドロキ

こちらのお店はちょっとディープな天満の裏通りにありますが

大衆酒場独特の入りにくい雰囲気はなく

気軽に入れてゆっくり楽しめるお店だと思います!花まる

またお邪魔したいと思います! ご馳走様でした ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)おすすめ

2016年01月09日

「東京出張のランチは立ち食い蕎麦。」




東京出張のランチは立ち食い蕎麦メロメロ

私が初めて立ち食いそばを食べたのは、30年ほど前、東京に出てきた年、

1980年代だったかな・・・・・OK

カウンターに立ち、きつねそばを注文する。

あらかじめ茹でてある麺をさっと湯通しし、丼に移す、

そこにつゆを入れ、油揚げをのせる。

カウンターの前におかれ、前金で料金を渡す。この間1分もかからない。オドロキ

つゆはぬるめで一気に食べあげる。その時間は注文してから3分もかからない。ダッシュ

これぞ立ち食いソバの醍醐味チョキ

まさにファストフードの元祖のようなものですね・・・・

当時は駅前には必ずこうした立ち食いそばがあったように思う。

立ち食いそばの起源は江戸時代の屋台にあるらしい。オドロキ

せっかちな江戸っ子にはこうした立ち食いそばがあっていたのでしょう

私は立ち食いそばにはまり、良く食べます。

今回は富士そばの紅しょうが天そばに温玉ネギ多めで・・・・ピカピカ

紅生姜と玉ねぎのかき揚げみたいな天ぷらがのっているそばです。

紅生姜の味と玉ねぎの甘みがマッチして非常においしいです。

そばがでてきたら、さっと平らげて、「ごちそうさん」と言ってさっと立ち去る。

これまた他では味わえない立ち食いそばならではの醍醐味ですね。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)おすすめ

2016年01月06日

「正月ラーメン・・・・・・」




仕事柄、元旦から働いているので

今年がまだ、おせち料理は口にしていないキョロキョロ

子どもの頃のCMで「おせちもいいけど カレーもね」と流れていましたが音符

最近のライフスタイルでは元旦からカレーやラーメン、回転寿司など

食べている人も多いのではないでしょうか・・・ニコニコ

垂水にある美味しいラーメンを見つけました。ラーメン

スープは澄んだ醤油色。OK

驚いたのは全粒粉麺。オドロキ

表面はざらっとして、まさに日本そばのようです。チョキ

スープの持ち上げがよく、濃いめの醤油味とベストマッチ。

鶏のチャーシュータップリ。にわとり

シャキシャキの青ネギとメンマも具沢山なのは良い

心も身体も温まりました。メロメロ
  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)おすすめ