SWEETS GIFT
LINEスタンプ「パティシエ・ムッシュ君family」販売中
モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2018年04月25日

「久々の野球観戦でした。」







朝から名古屋で機械の展示会に行き・・・・・新幹線

夕方からはカーゴの山田君と名古屋ドーム。花火

大の阪神ファンなのですが昨年は野球場には一度も行けなかったので

久々の野球観戦でした。OK

テレビ観戦は選手たちのプレーが大きく映し出されるために、

スタジアムに観戦しに行くよりもはっきり見ることが出来るが・・・!

スタジアムに観戦しに行くと、やはり臨場感が大きく違います。ピカピカ

テレビで見ている以上に、チャンスやピンチの場面などのスタジアム内を埋め尽くす

独特の熱気を肌で感じることが出来るのです。

例えば、チャンスの場面でタイムリーヒットが飛び出し得点した瞬間、

ホームランが飛び出し逆転に成功した瞬間、クラッカー

ピンチの場面で見事に相手の打者から三振を奪った瞬間…などなど。

選手がグラウンド上で見せるプレーの数々がスタジアムを盛り上げたり、

時にはため息まじりに落胆したりと、ちっ、ちっ、ちっ

プロ野球における喜怒哀楽を選手やファンが一体となって味わえるのです。

それはテレビ観戦では得られない、

プロ野球を生で見ることによって得られる魅力といえるでしょう。

カーゴさんに良い席をとって頂きました。石渡社長ありがとうございます。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:55Comments(0)ありがとう

2018年04月18日

「長年洋菓子業界にご尽力いただきました大先輩。」









兵庫県洋菓子協会のお二人の送別会を行いました。花火

長年洋菓子業界にご尽力いただきました津曲孝さんと井谷眞一さんです。ピカピカ

お二人とも私が修業時代からお世話になっております先輩です。OK

30年前からお世話になっておりましたが

今では温厚でふところの大きい方で付き合いやすくなったような感じがします。チョキ

今もそうですが尊敬できる兄貴的な存在です。

こんな二人の送別会の参加できて幸せに思います。メロメロ

お疲れさまでした。

送別会の締めの挨拶をさせて頂きましたが

おふたりとの出会いの瞬間やお世話になったことが

色々蘇ってきまして目がうるっときました。なき

これからもよろしくお願いします。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:57Comments(0)ありがとう

2018年04月13日

「加古川青年会議所OB会の春秋会。」







加古川青年会議所のOB会の「春秋会」に出席しました。OK

春秋会とは春と秋、年に2回開催の懇親会ですが!

今回はりんどうさんで開催されました。拍手

毎回OBは50名程の参加でその中に現役メンバーの執行部が招待され

近況報告を行いながら意見交換を行います。チョキ

代表幹事の田中先輩の挨拶で始まりマイク

乾杯は新しくOBメンバーになった永戸君が行いました。ビール

15年前にOBになり初参加した時は親ほど離れた大先輩の方々と思いましたが

今では良い兄貴分的な先輩になったような気がします。メロメロ

色んな話が出来て勉強になりました。

今後共、宜しくお願いいたします。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)ありがとう

2018年04月02日

「ミコヤ香商の水野社長が本社にお越しいただきました。」





バニラ専門商社ミコヤ香商の水野社長が本社にお越しいただきました。OK

水野社長とは20年来のお付き合いになります。ニコニコ

洋菓子関係の会や展示会などで良く会います。

今回は大阪に出張で神戸までお越しいただきました。

ところで「バニラってなに?」と聞かれると、!

答えることができない・・・。という人も多いのではないでしょうか。キョロキョロ

バニラは、ラン科の植物の名前なのです。ピカピカ

実は、バニラはラン科バニラ属のつる性植物のことなのです。

白っぽくてかわいらしい、らっぱ型の花をつけます。

バニラの香りのイメージから、花の香りを嗅いでみたくなりますが、

花に匂いはありません。オドロキ

あの特有の甘くて芳醇な香りは、バニラの果実からするのです。

バニラの果実は、いんげん豆のさやのような、15〜30cmの細長いもの。

バニラの名前の由来は、この果実の形にちなんだ

「小さなさや」という意味のスペイン語「バイナ」だと言われているのですよ。

バニラの木になっている緑色の果実も、そのままでは青臭いにおいがするだけ。

甘い香りを得るためには、成熟させなければならないのです。

そして乾燥・発酵したバニラの果実は、チョコレート色に変化し、

あの強い甘い香りを放つようになるのです。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:57Comments(0)ありがとう

2018年03月30日

「スリムでダンディーな池田先輩でした。」





加古川青年会議所の先輩でもある池田さんとお会いしました。OK

年に何度か何人かで集まって池田さんとお話をする機会はあるのですが

二人でじっくりと会うのは10年ぶりです。オドロキ

上の写真は「男前数珠繋ぎ」でアップした10年前の池田さんです。拍手

体形もほとんど変わりなく若々しい還暦オヤジなのです。・・・・・ちっ、ちっ、ちっ

池田さんは青年会議所時代から市長選、市議選、更には県議選、国会議員選挙の度に

選挙活動で中心になって頑張ってこられました。力こぶ

この度は加古川市議会議員選挙で友人の応援をしますので花火

池田さんに色々とアドバイスを頂きました。

勉強になりました。さすが男前!スリムでダンディーな池田先輩でした。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:57Comments(0)ありがとう

2018年03月25日

「友人の高田に誕生日のお祝いをしてもらいました。」



友人の高田に誕生日のお祝いをしてもらいました。OK

実家も近所で幼少のころから一緒で、青年会議所時代もともに活動していました。

今は同じ加古川ロータリークラブでお世話になっています。

食事は加古川のゆっくり味わえるお店〜馬馬屋さん花まる

お酒の種類も豊富で店内は酒好きさんがゆっくりと

お料理を味わいながらゆっくりお酒を楽しめる雰囲気です。カクテル

どのお料理も手が込んでいて美味しかったです。チョキ

高田君の得意技はピアノの弾き語り音符

ピアノを弾きだす男はカッコいい。オドロキ

ピアノを弾けるようになれたらどんなに素晴らしいかと

誰でもが一度は思うのではないでしょうか。

「え!ピアノが弾けるの?」という驚きの陰には、意外性があり、オドロキ

芸術に対する造詣の深さを感じたり、天才的な才能があると思わせる反面、

意外にもコツコツ努力する計画性と実行力を感じられる。花まる

だから、ピアノが弾ける男はカッコいいと思う。

高田君いつもありがとうニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:57Comments(0)ありがとう

2018年03月22日

「親友の西村雅文君の誕生日パーティー。」





3月14日は親友の西村雅文君の誕生日です。私が13日なので1日違いの同級生!花火

彼とは小学校で出逢い、かれこれ45年の付き合いになります。OK

私の友達の中で最も凛々しい男で、時空を超えて、「日本男児」が

現代にタイムスリップしたような男です。オドロキ

固い舗装屋さんと柔らかいケーキ屋で全く違うジャンルの仕事ですが

彼と逢うと気持ちが高まります。アップ

言わば良い意味での“ライバル”なんです。ピカピカ

「ライバル」って言葉も最近あまり使わないですよね?

しかしこのライバル心から私自身、得られた力は多いと思います。力こぶ

私の中で雅文君は大きい存在です。

昔は13日の夜から飲み始め12時を過ぎ、14日になると同時に

誕生日おめでとう!といった感じで祝杯を挙げていました。カクテル

今年はヴレクーフゥの阿部真由美&名倉学"JAZZLIVEで祝杯音符

楽しい仲間やミュージシャンと記念撮影クラッカー


  


Posted by 松田安正 at 06:54Comments(0)ありがとう

2018年03月15日

「友人や後輩に誕生日会をして頂きました。」







友人や後輩に誕生日会をして頂きました。花火

同級生や後輩たちが集まり焼鳥「鳥幸」さんで食事会。にわとり

二次会はいろんな方々50名にお越しいただきました。チョキ

53歳になりましたが・・・ちっ、ちっ、ちっ

今までで一番バースデープレゼントを頂いたと思います。メロメロ

皆からお祝いのシャンパンで乾杯

頂いたプレゼント・・・・ベルト、ネクタイ、名刺入れ、キーケース、

靴ベラ、ヘアーコンディショナー

栄養ドリンク、薬用入浴剤、フェイスパック、お酒、お花などなど

皆さんありがとうございます。ニコニコ





  


Posted by 松田安正 at 06:54Comments(0)ありがとう

2018年02月19日

「祇園は行くだけで非日常感を味わえます。」







仕事の打ち合わせがあり京都へ・・・・・クルマ

夜には青年会議所菓子部会で友人になった石田さんと食事会です。OK

京都は街並みが全部おしゃれで、何度行っても足りない大好きな場所です。メロメロ

「祇園」と聞いて何をイメージしますか?キョロキョロ

華やかな花街、あるいは「一見さんお断り」といった、

敷居の高さを感じるという人も少なくないと思います。ちっ、ちっ、ちっ

祇園は行くだけで非日常感を味わえます。

雪が降りそうな天気でしたが、それも趣があって逆にいい。花まる

歩くだけで胸が踊ります。

毎日こんな場所で暮らしていたら、どんな生活になるんでしょうね・・・・オドロキ

祇園を訪れるのならばぜひ見ておきたいのが、

祇園白川や祇園新橋の趣きある風景です。

「祇園のお稲荷さん」と呼ばれる祇園のシンボル、ピカピカ

辰巳神社には舞妓さんがお参りをしていることも。

季節によって表情を変える、情緒たっぷりな小路を散歩しました。

石田社長!京都でリフレッシュできました。ありがとうございます。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)ありがとう

2018年01月19日

「17日は阪神・淡路大震災から23年となる日を迎えました。」



17日は阪神・淡路大震災から23年となる日を迎えました。

多くの人々が早朝から集い、手を合わせ。

被災地はまた、新たな祈りのときを重ねます。

23年前、青年会議所の兵庫ブロックの会員会議所のメンバーがあつまりOK

生田神社で新年祈願をし、それぞれがあのときの体験を確認しあいました。チョキ

「頑張ろや」「負けへんで」。かつてお互いを励まし合った言葉です。力こぶ

被災地に物資を届けたり病院にトレーラーで水を運んだり・・・

そして今や壊滅状態だった市街地には高層ビルが林立し、

多くの商業地や観光地は、震災前のにぎわいと変わらなくなった。

しかし、目を凝らせば、復興の途上にあるまちの姿が浮かび上がります。ニコニコ

あの地震を境に、日本列島は「地震多発時代」に突入したという。

だとすれば、今、私たちがなすべきは、自らの「震災」を風化させることなく、

体験や教訓をしっかり世に語り続けることではないでしょうか。

記憶が薄れようとする流れにあらがい、声を上げ続けねばならない。

それが23年目に入る被災地の使命と肝に銘じたいと思います。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)ありがとう

2017年12月28日

「えっ!もう還暦・・・・」







加古川青年会議所のOBや現役メンバーの有志で忘年会をしました。ビール

その中で毎年、還暦を迎える人に皆からプレゼントを贈ります。プレゼント

今回は池田先輩と水川先輩拍手

25年前からお付き合いがあるので・・・・

時の流れは速く感じます。もう還暦って感じです。キョロキョロ

昔は還暦お祝いといえば「長寿祝い」のことでしたが

今でもその意味合いはなくなっていませんが、!

平均寿命が延びているので長寿祝いでもそのニュアンスは少しずつ変化しているようです。オドロキ

現役で働いている人も多いので、最近では還暦には人生の「第二のステージの始まり」花火

同じように干支が一周した「人生の区切り」といった意味合いも

これは長寿のお祝いというよりも、

これからの人生を若々しく楽しんでいくことに対する節目のお祝いとして

考えるといことでしょうね・・・・メロメロ


  


Posted by 松田安正 at 06:57Comments(0)ありがとう

2017年12月11日

「新梅田食堂街で日本一古いおでん屋さん。」







大阪寝屋川のパティスリーフリアンの松島さんとクアドロの三坂社長と食事会です。OK

松島さんとは大阪ホテルプラザ製菓部で一緒に修業をした中です。力こぶ

私が高卒で松島さんが大卒の4つ違い

同期入社ということもあるのですが当時から

生意気な私を温かく面倒を見てくれるお兄ちゃん的な存在かな?キョロキョロ

松島さんは大阪府洋菓子協会会長で私は兵庫県洋菓子協会の副会長と言うことで!

近畿ブロックの話やら大阪と兵庫で共同事業は何か出来ないかなどチョキ

話は尽きませんでした。

食事をしたのは新梅田食堂街の「たこ梅」さんたこ

たこ梅さんは、弘化元(1844)年から続く、

日本一古い関東煮屋(おでん屋)さんですオドロキ

名物のタコの甘露煮は甘くて本当に柔らかい。

大根、ひろうす(がんも)、湯葉、たまごも絶品。出汁が最高。ピカピカ

遠方からの客も多いらしく、リピートしたくなるお店なのです。

外見も店内もノスタルジックな気分になります。

御馳走様でした。メロメロ

これからも仲良くしてくださいね・・・・・ニコニコ

  


Posted by 松田安正 at 06:57Comments(0)ありがとう

2017年11月10日

「レーブドゥシェフの佐野さんと食事会です。」







レーブドゥシェフの佐野さんと食事会です。OK

三宮の路地裏の名店「一心太助」さんに行きました。チョキ

外観からいい感じなお店です。

店内はカウンター6席。

敷居の高そうな店の外観からは想像できない価格です。オドロキ

大将もすごく気さくで余計な口出しせず

もくもくと仕事をされる大将ですが

こちらから喋りかけると会話も弾みました。花まる

兵庫県洋菓子協会の話がメインでしたがケーキ

他愛もない話などなど・・・・・キョロキョロ

佐野さんとは私より一回り年上ですが

ホント気さくな兄貴と言う感じです。

美味しい料理で話が弾みました

クリスマス前に佐野さんと食事ができて良かったです。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:57Comments(0)ありがとう

2017年10月11日

「洋菓子協会の事務局員さんとランチ。」





兵庫県洋菓子協会の事務局員の堀さんと辻さんとランチに行きました。OK

新在家にある隠れ家的な小料理屋「英」さんです。チョキ

店内はカウンター8席とテーブル席が4人用2卓、2人用1卓です。

長年、洋菓子協会の専務を務めて頂きました椎葉さんのお気に入りのお店だったようです。ピカピカ

本日はマグロのフライと鶏の唐揚げ、煮物、吸い物など。

デザートのフルーツがいっぱいでビックリ。とっても充実しています。オドロキ

さすがにきちんとした料理屋さんの味付けです。

全体的にとっても美味しいと思いました。花まる

帰る際にはお店の方が全員で大きな声で「ありがとうございました。お気をつけて」

とっても気持ちよくお店を後にすることができました。メロメロ
  


Posted by 松田安正 at 06:54Comments(0)ありがとう

2017年09月27日

「出逢いに感謝感激!また明日からも頑張るぞ!!」









青年会議所菓子部会の後輩の田中君が東京から来ました。クルマ

私が菓子部会会長の時の秋季総会で入会されましてOK

熊本開催で全国菓子博覧会熊本大会に合わしての開催でした。花火

私は当時、37歳で全国600人会員数を有する会長でしたがちっ、ちっ、ちっ

会員皆様のおかげで会を盛り上げることが出来ました。花まる

もう15年前の思い出になりますが・・・・

そんな懐かしい話は場所を代え加古川の飲食店街「検番筋」・・・・ニコニコ

「検番筋」は古きよき時代には、栄えた「花街」だったのです。

今はもうその面影もほとんど無いのですが・・・・

戦前から続く、やきとり「鳥幸」さんににわとり

今は3代目のご主人関口くんが頑張っています。力こぶ

関口君も加古川青年会議所の後輩なんです。チョキ

最初は田中さんと船原君と三人で食事をしているとビール

偶然、たくさんの友人たちが集まりました。

出逢いにに感謝感激!ピカピカ

また明日から頑張るぞ~!!力こぶ


  


Posted by 松田安正 at 06:58Comments(0)ありがとう

2017年09月16日

「釧路の名物ザンギを食べました。」







全日本洋菓子協会「新世代の会」の第11回目になる夏季研修旅行は釧路OK

「新世代の会」として北海道は初めてになります。チョキ

釧路で飛行機の都合で集合時間に間に合わない

九州組と関西組は前日の夜に入り飛行機

釧路の名物「ザンギ」を食べました。にわとり

『ザンギ』と言うのは北海道での鶏のから揚げの事を指します。

釧路でのザンギの発祥の店と言われる『鳥松』に入りました。OK

このお店は8年前にも行ったことがあり大将は私の事を覚えてくれていました。メロメロ

昭和35年に、当時焼き鳥店だった鳥松さんが

中国料理の『ザーギー』を『運』が付くようにと

『ザンギ』と名づけたことが始まりだそうです。

瞬く間に釧路のローカルフードとしての定番となったらしいです。ピカピカ

釧路では、ザンギ専門店ごとに独自のタレをつけて食べるのが一般的です。

歴史を感じさせる鳥松さんの店内はコの字のカウンターのみで15席くらい。

揚げたてのザンギに特性のタレをつけていただきます。

タレは50年間、継ぎ足しで作られたと思われる芳醇な香り・・メロメロ

ウスターソースのヴィンテージ物とでもいいましょうか!オドロキ

かぶりつくと、ほとばしる肉汁と香ばしい衣と

深みのあるタレの風味が口中にひろがります。

御馳走様でした。最後に大将を囲んでみんなと記念撮影。カメラ
  


Posted by 松田安正 at 06:57Comments(0)ありがとう

2017年08月18日

「大先輩の誕生日会・・・・・。」



荒井貴美人先輩の誕生日会に呼んで頂きました。花火

荒井先輩は1988年度、加古川青年会議所に入会され

1994年度に卒業されました。花まる

1998年度の理事長の高松先輩と宮本先輩ちっ、ちっ、ちっ

私の一世代、上の大先輩です。オドロキ

だいぶ荒井先輩は丸くなられましたが・・・・・キョロキョロ

当時は近くにいるのが怖い先輩でガーン

条件反射で思わず受け身の仕草になっていたようなちっ、ちっ、ちっ

私は世代が違うのですが呼んでいただきまして感激です。

荒井先輩!今後共、宜しくお願いいたします。ニコニコ

荒井貴美夫プロフュールピカピカ

明石城西高等学校テニス部監督として、インターハイチャンピオンを育成し

兵庫県学校対抗新人テニス大会団体戦10連を達成

日本テニス協会公認上級コーチ・A級指導員

トップランテニスカレッジ校長

相生学院高等学校 副校長・テニス部監督
  


Posted by 松田安正 at 09:18Comments(0)ありがとう

2017年08月10日

「友人たちは初めて見る立佞武多にビックリ!。」







太宰治記念館「斜陽館」に行きました。クルマ

明治の大地主、津島源右衛門(太宰治の父)の手で建設された入母屋作りのこの建物は、!

明治40年、米蔵に至るまで日本三大美林のヒバを使い、

当時のお金で工事費約4万円をかけて造られました。オドロキ

太宰はこの家を「苦悩の年鑑」の中で「この父はひどく大きい家を建てたものだ。

風情も何もないただ大きいのである」と書いています。ちっ、ちっ、ちっ

今では観光名所となり、全国から多くのファンが訪れています。花まる

そして、立佞武多の館に行きました。ピカピカ

立佞武多の最大の特徴は高さ23m、重さ19tという大迫力の壮大なねぶたです。オドロキ

お祭りでしか見ることができなかったねぶたを展示室内に常時展示、

4階から1階までらせん状のスロープを下りながら観覧できる施設です。チョキ

「五所川原立佞武多」は「青森のねぶた」と「弘前ねぷた」と

並ぶ青森三大佞武多の一つで、!

高さが最大で20mを超える山車の壮大な運行が魅力です。

明治時代にその高さの隆盛を極めていましたが

電線の普及と共に背の低いねぷたとなったそうです。

当時の写真と台座の図面が出てきたのをきっかけに

1996年に市民有志が集い、高さ22mの

巨大ねぷたを復元されました。オドロキ

そして「立佞武多」と命名され1998年より祭りの名を

「五所川原立佞武多」として90年ぶりに復活されました。

「ねぷた祭り」は七夕の日の「眠り流し」が起源という説があり

台座に書かれている「雲漢」は「天の川」という意味だそうです。OK

友人たちは初めて立佞武多を見て、想像していた2倍以上の大きさだとビックリ。オドロキ

5階建てのビルが動いている感じかな?ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:58Comments(0)ありがとう

2017年07月19日

「男3人で神戸の夜を楽しみました。」



兵庫県洋菓子協会の総会の後でニップンの山口さんと桒田さんと食事に行きました。ビール

山口さんとは年に2回ほど食事に行きますが・・・・OK

桒田さんとはずいぶん久しぶりの様な気がします。キョロキョロ

28年前、モンブランが加古川店だけの時に

製菓材料商社の営業マンだったのが桒田さんだったのです。オドロキ

年は私よりも8つ9つ、2人の方が年上なのですが・・・・ちっ、ちっ、ちっ

あの時はそれぞれが若く、よく飲みに行ったものです・・・・・チョキ

電車が無くなり、お互いの家に泊まった事もありました。花まる

当時の面白おかしく、懐かしいやら恥ずかしい話やらで盛り上がりました。

二人共、しわが増えたり太ったり容姿は変わりましたがキョロキョロ

話の内容はなんら変わらず昔のままでした。

桒田さんは池伝を定年退職され

現在は日本製粉の営業と日仏商事の顧問をされています。ピカピカ

男3人で神戸の夜を楽しみました。

また明日から仕事頑張るぞ~力こぶ

ちなみに、この出来事は2か月近く前です。

桒田さんは私のブログを毎日見ているようなので

アップするのが遅れてすみません。ちっ、ちっ、ちっ
  


Posted by 松田安正 at 06:55Comments(0)ありがとう

2017年04月19日

「加古川青年会議所OB会の春秋会」



加古川青年会議所のOB会の「春秋会」に出席しました。OK

春秋会とは春と秋、年に2回開催の懇親会ですが

今回はりんどうさんで開催されました。チョキ

毎回OBは50名程の参加でその中に現役メンバーの執行部が招待され拍手

近況報告を行いながら意見交換を行います。

代表幹事の長沢先輩の挨拶で始まり

乾杯は新しくOBメンバーになった柳川君が行いました。ビール

年に2回の会ですが年は親ほど離れた大先輩の方々と

色んな話が出来て勉強になりました。

今後共、宜しくお願いいたします。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:58Comments(0)ありがとう