ニッケパークタウン加古川店オープン
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
マカロン電報
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
蒸しモンブラン
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年02月01日

「柊鰯は、節分に魔除けや厄除け。」



柊鰯(ヒイラギいわし)は、節分に魔除けや厄除けとして使われ、OK

昔から日本で行われている風習です。

また「門守」と言って、魔物や災難を避けるためのおまじないの一つとして使われていたようです。

柊鰯は、柊の小枝に焼いた鰯の頭を刺して作るものですが、

古くは平安時代には、この柊鰯は行われていたと土佐日記に記されています。オドロキ

しかし当時は、しめ縄に柊の枝とボラの頭を刺していたようで、

これがいつから鰯へと変化したのかは定かではありません。キョロキョロ

また実際に民衆へとこの風習が広まったのは江戸時代とも言われています。

完成した柊鰯は、玄関の戸口に飾ります。

これは、柊の葉の棘が鬼の目を刺して鬼の侵入を防ぐ、

もしくは焼いた鰯の煙や臭いによって鬼が近寄らないと言われているからです。オドロキ

また、鬼が嫌う臭気を放つものとしてニンニクやラッキョウを用いる地域や、

鰯の頭ではなく尻尾の部分を飾るところなど、地域によって若干の違いはあるようです。

柊鰯は、いつからいつまで飾ればいいの?キョロキョロ

柊鰯を飾るのは節分の日から2月の終わりまで、というのが一般的だそうですが

しかし、実はこれには地域差があり、

小正月(1月15日)から立春(2月4日)までというところやひな祭りまでというところ、

節分の日(その日一日だけ)飾るというところ、翌年の節分まで一年中飾っておくというところまで様々らしい

また、「猫が取っていくまで飾っておく」というケースもあるようです。オドロキ
  


Posted by 松田安正 at 06:55Comments(0)情報