SWEETS GIFT
LINEスタンプ「パティシエ・ムッシュ君family」販売中
モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年02月22日

「2月22日おでんの日。」



おでんは熱々でふーふーふーして食べるので、語呂合わせなのです。OK

「おでん」という言葉は煮込み田楽の愛称で、御田と書いていたそうです。オドロキ

田楽の語源が田楽舞であるとの説は広く認められておりますが、

最初は豆腐を串にさして焼いたものに味噌をつけて食べたのが起こりといわれています。

その後、こんにゃく、イモ、ナス、アユ、ウグイ、ヤマメなどにも

同じ方法を用いるようになり、魚類の場合は魚田(ぎょでん)、

こんにゃくやイモは「おでん」と呼ぶようになったそうです。チョキ

やがて焼くかわりに煮込む方法も考えられ、

煮込みにしたものを魚菜ともに「おでん」と名づけて、

一般大衆に呼びかけたのは江戸末期の嘉永・安政(1848~ 1859)ごろからで

煮込みおでんが盛んになるとともに、ダイコン・ちくわぶなども材料にされるようになり、

明治初期には東京地方の庶民的な食べ物として愛好されるようになりました。

もともと味のつかない焼き田楽だから味噌をつけて食べたのですが、

煮込みの方は下味がついていますから味噌はつけてもつけなくてもよく、

かわりに「からし」をつけるようになり

からしは香辛料の中でももっとも殺菌力の強いものですから、

衛生設備のあまり完全でなかった当時としては合理的な用意であったともいえますねOK

これが後に関西にも普及し、焼き田楽と区別した「関東だき」と呼ばれ、

現在もこの名で親しまれています。

姫路を中心に西は相生、東は加古川の周辺地域では、

おでんの独特な食べ方があります。

それは「おでんを生姜醤油に付けたりかけたりして食べる」生姜おでんです。メロメロ

寒い日にはおでんがいいですね・・・・
  


Posted by 松田安正 at 06:53Comments(0)情報