神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
湊川店オープン
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
マカロン電報
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年03月04日

「3月4日はバウムクーヘンの日。」



1919年3月4日、日本ではじめてのバウムクーヘンが焼きあげられました。

1909年に中国・青島で、菓子屋として独立したカール・ユーハイム氏ピカピカ

1914年の第一次世界大戦勃発によりカール氏は、

妻エリーゼとお腹にいる子供を残し、

捕虜として日本へ。広島似島での捕虜生活に思わぬ転機が・・・・

広島県物産陳列館で行われたドイツ捕虜の作品展示即売会に

バウムクーヘンを出品することになったそうです。OK

これが1919年3月4日のこと。

これがはじめて焼かれたバウムクーヘンとなったそうです。

バウムクーヘンはドイツの伝統菓子です。

ドイツ本場ではおめでたい日に食べるお菓子。チョキ

つまり日本でいえばお赤飯のような食べ物かな・・・・ キョロキョロ

バウムクーヘン(BaumKuchen)となぜ名前がつけられたかというと、

切り口が木の年輪のようにみえることからバウム ( Baum=木の )

クーヘン ( Kuchen=お菓子 ) と名づけられました。花まる

という説と、

バウムクーヘンを焼く芯棒に木の棒を使っていたから、という説です。オドロキ
  


Posted by 松田安正 at 06:55Comments(0)情報