ニッケパークタウン加古川店オープン
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
マカロン電報
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
蒸しモンブラン
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年03月20日

「3月20日はサブレの日。」



クッキーの一種であるバター風味とサクッとした食感のサブレのPRが目的。OK

日付は『さ(3)ぶ(2)れ(0)』の語呂合わせから。

アメリカではクッキー、イギリスではビスケット、フランスではビスキュイ、!

そしてフランスのサブレという町で作られた物をサブレ、!

日本ではサクサクした歯ごたえでバターの多い物をサブレと呼ぶ傾向が多いようです。

先ずはビスケットとクッキーは日本に入ってくるルートが違っていて、

ビスケットは16世紀頃にポルトガルから、!

クッキーは戦後にアメリカから伝わったものです。

両者とも同じ品質の焼き菓子をさしていたといわれています。

現在の日本での呼び名の違いは工業的に意味をつけたものです。

基本的な大きなくくりはビスケットで、

この中にクッキーやクラッカーなどが分類されます。

「手作り風の外観を有し、糖分と脂肪分の合計が40%以上のもの」をクッキーと呼び、OK

「手作り風」を表現するために、絞り出し方式で作られます。

サブレの分類は日本では特にされていません。

それぞれ、作られた国の特徴のでた焼き菓子なのです。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)情報