モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
湊川店オープン
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
マカロン電報
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年05月17日

「5月17日はお茶づけの日。」



5月17日はお茶づけの日 永谷園さんが制定。OK

「お茶づけ海苔」が2012年に発売60周年を迎えたのを記念して。

日本人はお茶漬けが大好き。梅干しやタクアン、それに海苔を載せたご飯に

熱いお茶をかけてザブザブとかきこむ、というのが標準的なスタイルですね・・・チョキ

お茶漬けの起源はどこにあるのでしょうか。キョロキョロ

平安時代、冷えたご飯にお湯をかけて食べる、湯漬けというものがありました。オドロキ

これは室町時代の正式な宴会にも出てきたそうです。オドロキ

だから、お茶漬けは、この湯漬けの白湯のかわりにお茶を使ったに違いない、

と思うでしょう。でも、これほどいろんな物をのせる茶漬けがあるということは、

むしろ、お茶にさまざまな具やお米を混ぜて煮る、という食べ物があって、

それのインスタント版としてお茶漬けがうまれたのではないかと、

考えることもできそうです。ニコニコ

江戸時代初期のレシピ集である『料理物語』に、!

「奈良茶」というのが出ていますが、これなど、栗や芋などを米と一緒にお茶で煮込んだ、

雑炊のようなものだったらしく

中国の古い書物にはお茶にいろんな具を入れている様子がでて

現代中国の少数民族のあいだにも、お茶を使った食べ物が作られているようです。OK

これらから考えると、お茶は飲むだけのものではなく、

比較的軽めの食べ物を作るときのベースとして使われていた可能性が高いと思われます。

日本人のお茶漬け好きは、意外に古い茶利用の伝統を今に伝えるものかもしれませんね・・・ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)情報