モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
湊川店オープン
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
マカロン電報
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年09月06日

「9月6日は生クリームの日。」



9月6日は生クリームの日なのです。

生クリームってはじめは液体なのに、!

ホイップするとだんだんふわふわになっていくのって、

不思議ではないですか? キョロキョロ

それは、生クリームの脂肪同士がくっつきあうことによって引き起こされます。OK

といっても、なんだかアバウト過ぎてわかりにくいですね・・・キョロキョロ

ここからは少し科学的な話になりますが、

その仕組みについてもう少し詳しくみてみましょう。

生クリームは「水中油滴型」という構造を持ち、!

水分の中に乳脂肪が特殊な膜に包まれた非常に細かい粒子となって分散しています。

脂肪球の大きさは、およそ0.1μ~15μ。顕微鏡レベルの、小さな世界の話です。

水と油は本来、反発しあうものですが、!

脂肪球を包んでいる膜に含まれる特殊なリン脂質やたんぱく質が

水分と脂肪分をうまくくっつけて、

安定した「乳化状態」をつくりだしています。チョキ

また、ビタミンや乳糖といったそのほかの成分も、水分の中に分散しています。

生クリームを泡立てた場合、衝撃によって脂肪球の膜が壊れます。

壊れた脂肪球から流れ出る脂肪が接着剤の役割をして

脂肪球同士がくっつき、空気を抱きこみます。

さらに泡立てていくと脂肪球同士が網目構造をつくり、

空気をしっかりと支えて安定します。花まる

こうしてクリームはホイップされて、ふわふわの状態になります。

ちっ、ちっ、ちっちょっと難しいですよね・・・・
  


Posted by 松田安正 at 06:50Comments(0)情報