SWEETS GIFT
LINEスタンプ「パティシエ・ムッシュ君family」販売中
モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年12月09日

「クリスマスの花言葉。」



花言葉は中世ヨーロッパで、騎士が戦場に行くとき村に残した恋人に花を贈り、

その花のイメージに託された言葉の意味(花言葉)を伝えたことや、!

野山に咲く草花にキリスト教のシンボル的な意味が込められて

ヨーロッパの国々で発生してきたと伝えられたそうです。オドロキ

花言葉には、紀元前から古代ヨーロッパのギリシャやローマなどに伝わる

神話や伝説からその花言葉がとられたものが多く、

それぞれの花に、様々なエピソードが秘められています。OK

柊の語源は、葉に棘があって、うっかり触ると「痛む」の

古語「疼ぐ」(ひいらぐ)から、この名前が付けられ

日本のヒイラギは、西洋ヒイラギ(Holly)とは他人の空似で、キョロキョロ

ヒイラギはモクセイ科、セイヨウヒイラギはモチノキ科なので全くの別種だそうです。ちっ、ちっ、ちっ

待降節の時期に実を付け、クリスマスには真っ赤に熟すことから、

葉はイエスの茨の冠を、赤い実はイエスの血潮を象徴すると言われます。

イタリアでは、Hollyがよく生える土地にはミョウバンが、

イギリスでは石炭が眠っていると言われ、

赤い実がたくさん付けばその冬は寒さが厳しく、ちっ、ちっ、ちっ

少なければ暖冬だという言い伝えもあるそうです。

このように、人々に色々な事を教えてくれるから

花言葉は、「神を信じます」「将来の見通し」「予見」「不滅の輝き」だそうです。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)情報