エキナ新開地店OPEN
SWEETS GIFT
LINEスタンプ「パティシエ・ムッシュ君family」販売中
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2018年01月07日

「皆さんは七草粥食べますか?」



七草(ななくさ)は、人日の節句(1月7日)の朝に、

7種の野菜が入った粥を食べる風習のこと。!

本来は七草と書いた場合は秋の七草を指し、

小正月1月15日のものも七種と書いて「ななくさ」と読みますが

一般には7日正月のものが七草と書かれる。オドロキ

現代では本来的意味がわからなくなり、風習だけが形式として残ったことから、

人日の風習と小正月の風習が混ざり、

1月7日に「七草粥」が食べられるようになったと考えられます。OK

春の七種とは以下の7種類の植物です。チョキ

・ 芹(せり)
・ 薺(なずな)
・ 御形(ごぎょう)
・ 繁縷(はこべら)
・ 仏の座(ほとけのざ)
・ 菘(すずな)
・ 蘿蔔(すずしろ)

7種の野菜を刻んで入れたかゆを七草がゆといい、

邪気を払い万病を除く占いとして食べ

呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、

野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあるようです。花まる

七種は、前日の夜にまな板に乗せて囃し歌を歌いながら包丁で叩き、

当日の朝に粥に入れる。囃し歌は鳥追い歌に由来するものであり、

これは七種がゆの行事と、豊作を祈る行事が結び付いたものと考えられています。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:57Comments(0)情報