エキナ新開地店OPEN
SWEETS GIFT
LINEスタンプ「パティシエ・ムッシュ君family」販売中
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2018年01月19日

「17日は阪神・淡路大震災から23年となる日を迎えました。」



17日は阪神・淡路大震災から23年となる日を迎えました。

多くの人々が早朝から集い、手を合わせ。

被災地はまた、新たな祈りのときを重ねます。

23年前、青年会議所の兵庫ブロックの会員会議所のメンバーがあつまりOK

生田神社で新年祈願をし、それぞれがあのときの体験を確認しあいました。チョキ

「頑張ろや」「負けへんで」。かつてお互いを励まし合った言葉です。力こぶ

被災地に物資を届けたり病院にトレーラーで水を運んだり・・・

そして今や壊滅状態だった市街地には高層ビルが林立し、

多くの商業地や観光地は、震災前のにぎわいと変わらなくなった。

しかし、目を凝らせば、復興の途上にあるまちの姿が浮かび上がります。ニコニコ

あの地震を境に、日本列島は「地震多発時代」に突入したという。

だとすれば、今、私たちがなすべきは、自らの「震災」を風化させることなく、

体験や教訓をしっかり世に語り続けることではないでしょうか。

記憶が薄れようとする流れにあらがい、声を上げ続けねばならない。

それが23年目に入る被災地の使命と肝に銘じたいと思います。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)ありがとう