エキナ新開地店OPEN
SWEETS GIFT
LINEスタンプ「パティシエ・ムッシュ君family」販売中
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2018年04月01日

「ポアソン・ダブリル。」



4月1日は、『エイプリルフール』です。

16世紀頃、西欧では、3月25日からが新年と決められ

4月1日まで春の祭りを行っていました。

ところが、1564年フランスのシャルル9世が

1月1日からを新年とする暦を採用しました。

これに反発した人々が4月1日をウソの新年の始まりとして

馬鹿騒ぎをするようになったことが、

今日のジョークでウソを言ってもいい日(ジョークでも言ってはいけないと思いますが・・・)

のはじまりと言われています。

『エイプリルフール』は、フランス語では『ポアソン・ダブリル』と呼ばれています。

フランス語で、ポアソンは魚。ダブリルは4月の意味で、

鯖の形をしたパイやチョコレートが作られます。

なぜ鯖かというと、鯖はこの時期によく釣れるのですが、

カモメに狙われないように海と同じ青い色をして騙すからと言われています。
  


Posted by 松田安正 at 06:56Comments(0)情報