エキナ新開地店OPEN
SWEETS GIFT
LINEスタンプ「パティシエ・ムッシュ君family」販売中
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2018年04月20日

4月20日はジャムの日。



全国のジャムの製造メーカー、販売企業などで構成する日本ジャム工業組合が制定。!

JAMという英語の語源は、すでに使われなくなった「グチャグチャかむ」という

意味のCHAMという古い方言であるといわれています。オドロキ

辞書でJAMをひくと「押しつぶす」「詰めこむ」と訳されており、

これらを考え合わせると、ジャムは、よくそしゃくされたもの、オドロキ

つめこまれたもの…、そのとおり、消化のよい食品として古くから認められていたのです。

また、保存性に優れた身近な食品として、古今東西、長い間人々に親しまれてきました。

現在、一般にジャム類は、果実等を糖類等とともにゼリー化するようになるまで

加熱したもので、ジャム、マーマレード、ゼリーの3種類に分けられています。

いずれもその保存性と素材の風味や色、香りを生かした身近な食品として高く評価され、

広く世界中でつくられています。

最近では、いちごやりんごのジャム、マーマレードはもちろんのこと、

ブルーベリー、ラズベリー、プルーン、パッションフルーツなどの

世界中のフルーツをはじめ、野菜や花弁を原料としたジャムもつくられるようになりました。花まる

食生活の多様化から、甘さやカロリーを抑えたジャム、

虫歯になりにくい糖を使ったジャムやフルーツソースなど、

いろいろなタイプもあり幅広い分野で使われるようになってきています。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:55Comments(0)情報