エキナ新開地店OPEN
SWEETS GIFT
LINEスタンプ「パティシエ・ムッシュ君family」販売中
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2018年06月25日

「パイナップルのお話。」



パイナップルは日本に高級食材として定着した最初の南国フルーツといえます。OK

名前の由来・・・英語で「pineapple」と書きます。

名前の由来は、松の種子である松ぼっくりに似ていることと、!

リンゴのような味がすることから「pine=松」「apple=りんご」を合成して

命名されたといわれています。オドロキ

一説には、リンゴの味ではなく果実そのものを「apple」と表現する習慣から

名付けられたとも言われています。

パイナップルの歴史・・・!

パイナップルが発見されたのは1493年のことで、コロンブスが西インド諸島に

上陸した際に発見されたといわれています。

コロンブスの手によってスペインに渡ったパイナップルは、1世紀足らずの間に

インド航路を経て世界中に伝播していくことになります。

日本にパイナップルが上陸したのは19世紀ごろのことで、

その後、1888年に沖縄に伝わり半世紀ほどで

本格的な栽培が行なわれていたというように、定着は早かったようです。

パイナップルの最大の特徴は、トゲに覆われたその見た目にあります。

このトゲが果皮であると一般的には認識されているのですが、

実はこのトゲがパイナップルの果実なのです。ニコニコ

普段「パイナップルの実」として食べている部分は、

花の軸が変化したものなのです。

また、パイナップルは多年草で繰り返し結実する性質を持っていますが、

商品に出来るのは三年目までが限度とされています。オドロキ
  


Posted by 松田安正 at 10:13Comments(0)情報