エキナ新開地店OPEN
SWEETS GIFT
LINEスタンプ「パティシエ・ムッシュ君family」販売中
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2018年09月06日

「9月6日は生クリームの日。」



9月6日は生クリームの日

生クリームを使っているケーキと言って一番はじめに思いつくのは・・・・キョロキョロ

苺のショートケーキ いちご

実は、ショートケーキは日本で生まれたケーキなのです。OK

どこでもありそうなのに、日本以外の国では見あたらないケーキなのです。

ショートケーキはスポンジとイチゴと生クリームから出来ています。チョキ

その内のスポンジケーキは、カステーラとしてオランダから日本に伝わってきました。

イチゴも、江戸時代末期にはオランダ人によって日本に伝えられていました。

生クリームは、あることはあったのですがほんの少量しか手に入らず

お菓子に使うほどの量はなかなか望めませんでした。

しかし、大正13年にアメリカから遠心分離式生クリーム製造器が輸入されました。

それにより、生クリームが以前よりも多量に作れるようになりました。ピカピカ

そしてちょうどその頃、フランスでお菓子の修行をつんだ一人の菓子職人が日本へ

帰ってきました。

彼が昭和11年にショートケーキという名のお菓子を売り出しました。

フランスで学んできたレシピを改良し、日本人の口に合うように工夫を重ねていった

結果、今私たちが知っているショートケーキが誕生しました。ニコニコ
  


Posted by 松田安正 at 06:54Comments(0)情報