モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
湊川店オープン
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
マカロン電報
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2016年01月27日

「もうすぐ節分ですね・・・・」




もうすぐ節分ですね・・・・ニコニコ

節分とは、「季節を分ける」ことを意味し、

本来は立春、立夏、立秋、立冬の前日のことをいいます。!

しかし旧暦では立春が年の始まりにあたることから、

いつのころからか節分といえば、立春の前日をさすようになりました。

立春を新年と考えれば、節分は大晦日。

特別な意味を持つようになったと思われます。OK

節分は大晦日にあたることから、節分の日に邪気を祓い、

新年を幸多き年として迎えられるようにという意味を込めて

「追儺(ついな)」の行事が行われます。

追儺とは悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う儀式のことで、

新年を迎える行事として中国で行われていたものが、

文武天皇の頃に日本に伝わり、宮中行事として行われるようになったそうです。

それが次第に庶民にも伝わり、節分行事が行われるようになりました。 チョキ

豆を撒く風習は、鬼の目を打ち、「魔を滅する」に通じるからという説があります。

炒った豆を、年男や一家の主人、厄年の人が「鬼は外、福は内」と大声で叫びながら

豆を撒き、邪気や災厄を祓います。

炒った豆を使うのは、生豆を使って拾い忘れたものから

芽が出ると再び悪鬼が芽を出してやってくるので良くないといわれているからです。

豆撒き後は、自分の年の数、または自分の年の数+1の豆を食べ、

一年の無病息災を願います。 ニコニコ




同じカテゴリー(情報)の記事画像
「弘前でランチはラーメン。」
「世界のクリスマスケーキ~イギリス~。」
「12月13日はビタミンの日。」
「世界のクリスマスケーキ~イタリア~」
「毎月10日はパンケーキの日。」
「クリスマスの花言葉。」
同じカテゴリー(情報)の記事
 「弘前でランチはラーメン。」 (2017-12-17 06:57)
 「世界のクリスマスケーキ~イギリス~。」 (2017-12-15 06:55)
 「12月13日はビタミンの日。」 (2017-12-13 06:57)
 「世界のクリスマスケーキ~イタリア~」 (2017-12-12 06:56)
 「毎月10日はパンケーキの日。」 (2017-12-10 06:56)
 「クリスマスの花言葉。」 (2017-12-09 06:56)

Posted by 松田安正 at 06:56│Comments(0)情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。