モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
湊川店オープン
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
マカロン電報
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年06月16日

「6月16日は和菓子の日。」



和菓子には、日本の四季・日本の心が詰まっており、OK

世界に誇れる日本の食文化のひとつ。!

「和菓子の日」の由来は「健康祈願」 848年(嘉祥元年)6月16日に、

仁明天皇が御神託に基づき、16個のお菓子やお餅などを神前にお供えし、

疫病を除け健康招福を祈願したことが始まりです。オドロキ

「嘉祥」は「めでたいしるし」で、!

鎌倉時代には、6月16日に通貨16枚でお供えのお菓子を捧げることが、

吉例として定着しました。 江戸幕府においては、この日、「嘉祥頂戴」と称し、

御目見得以上の諸士に大広間で菓子をいただきました。

白木の片木の上に青杉の葉を敷き、

その上に、饅頭、羊羹、うづら餅、きんとん、白団子、干麩、のし餅などの

お菓子を積み、一人一個ずつ取らせたといわれています。チョキ

また、当時の通貨「嘉祥通宝」の音が「勝」に通じることから、

嘉祥通宝16枚で16個のお菓子を買うと福を招くといい、メロメロ

「嘉祥喰」としてお菓子やお餅を買い、食べることが広まっていきました。

こうした「嘉祥の祝」を現代に復活させたのが「和菓子の日」です。




同じカテゴリー(情報)の記事画像
「12月13日はビタミンの日。」
「世界のクリスマスケーキ~イタリア~」
「毎月10日はパンケーキの日。」
「クリスマスの花言葉。」
「浜松町のランチは蕎麦。」
全日本洋菓子工業会「常任理事会」に出席しました。
同じカテゴリー(情報)の記事
 「12月13日はビタミンの日。」 (2017-12-13 06:57)
 「世界のクリスマスケーキ~イタリア~」 (2017-12-12 06:56)
 「毎月10日はパンケーキの日。」 (2017-12-10 06:56)
 「クリスマスの花言葉。」 (2017-12-09 06:56)
 「浜松町のランチは蕎麦。」 (2017-12-08 06:56)
 全日本洋菓子工業会「常任理事会」に出席しました。 (2017-12-07 06:53)

Posted by 松田安正 at 06:57│Comments(0)情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。