モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
湊川店オープン
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
マカロン電報
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年08月04日

「8月4日は箸の日。」



「は(8)し(4)」の語呂合わせから、昭和50年わりばし組合が制定。!

箸はいつどこから日本にやってきたのだろう・・・キョロキョロ

3世紀に書かれた「魏志倭人伝」では「倭人は手食する」と箸を使っていなかったような

記載がありますが、同時期に書かれた「日本書紀」や「古事記」では箸の記載があり

これを箸の起源とする説!

7世紀に入って小野妹子ら遣隋使が中国から帰国した時にたくさんの中国文化を

日本に持ち帰り、そのなかに中国の食法(箸食)があり、中国の食法といっしょに箸

が日本に伝来したという説!

箸のことはなぜ箸と呼ぶようになったのでしょう・・・・・キョロキョロ

箸とは食べ物を挟むのに用いる一対の棒のことをいう。

箸の語源には4つの説がある。!

1.「挟むもの」という意味で、その役割を語源とする説。

2.端(はし)の方でつまむことから、「はし」になったとする説。

3.「橋」や「柱」など、その見た目の形から「はし」になったとする説。

4.古くは、一本の棒を折り曲げ、ピンセットのように挟んで使うもので、鳥の嘴(くちばし)

に似た形であったことから、箸の語源を「嘴(くちばし・はし)」とする説。

これら箸の語源となる語は、どれも語源として扱われており、

どれかが正解というわけではなく、同じような起源をもった言葉と考えるべきでしょうねニコニコ


同じカテゴリー(情報)の記事画像
「弘前でランチはラーメン。」
「世界のクリスマスケーキ~イギリス~。」
「12月13日はビタミンの日。」
「世界のクリスマスケーキ~イタリア~」
「毎月10日はパンケーキの日。」
「クリスマスの花言葉。」
同じカテゴリー(情報)の記事
 「弘前でランチはラーメン。」 (2017-12-17 06:57)
 「世界のクリスマスケーキ~イギリス~。」 (2017-12-15 06:55)
 「12月13日はビタミンの日。」 (2017-12-13 06:57)
 「世界のクリスマスケーキ~イタリア~」 (2017-12-12 06:56)
 「毎月10日はパンケーキの日。」 (2017-12-10 06:56)
 「クリスマスの花言葉。」 (2017-12-09 06:56)

Posted by 松田安正 at 06:57│Comments(0)情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。