モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
湊川店オープン
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
マカロン電報
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年08月28日

「8月28日はバイオリンの日。」



8月28日は「バイオリンの日」!

東京都深川の楽器職人・松永定次郎氏が、

国産バイオリン第1号を生み出したのが1880年のこの日だったとか・・・・オドロキ

クラシック音楽における花形楽器のイメージが強いバイオリンですが、

明治から昭和初期の日本では、演歌の伴奏で重宝されたといわれています。 オドロキ

国産バイオリンの誕生からさかのぼること約300年、

バイオリンは16世紀の北イタリアで誕生しました。

他の多くの楽器が、原型となる楽器に改良を重ねて完成されていくのに対し、

バイオリンは誕生と同時に高い完成度を持っていたといわれています。OK

けれど、誰がどのようにして発明したのかはわかっていないのだそうです。

ちょっぴりミステリアスですよね・・・・キョロキョロ

誕生から18世紀前半にかけては、北イタリアの小都市・クレモナで、

2万挺におよぶバイオリンが製作されたとのこと。

柔らかな音色のアマティ、高音が華やかなストラディヴァリ、

低音の響きが特徴的なグァルネリといった名器も、この時期に製作されたものです。

バイオリンの音色を耳にしたら、

こんな逸話を思い出しながら聴き入ってみてはいかがでしょうか?メロメロ

画像は友人の畑公平君の奥様、嶽崎あき子さん


同じカテゴリー(情報)の記事画像
「敬老の日。」
「9月15はひじきの日。」
「9月14日はメンズバレンタインデー」
「神戸新聞さんが取材に来られました。」
「桃栗三年、柿八年」に続くのは・・・・・
「9月9日はポップコーンの日。」
同じカテゴリー(情報)の記事
 「敬老の日。」 (2017-09-18 06:55)
 「9月15はひじきの日。」 (2017-09-15 06:57)
 「9月14日はメンズバレンタインデー」 (2017-09-14 06:55)
 「神戸新聞さんが取材に来られました。」 (2017-09-13 06:56)
 「桃栗三年、柿八年」に続くのは・・・・・ (2017-09-12 06:54)
 「9月9日はポップコーンの日。」 (2017-09-09 06:56)

Posted by 松田安正 at 06:52│Comments(0)情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。