LINEスタンプ「パティシエ・ムッシュ君family」販売中
モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
マカロン電報
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年09月30日

「9月30日はクルミの日。」



「く(9)るみ(3)はまるい(0)」の語呂合せ。 !

くるみの出回る時期にかけて

食材としての素晴らしさ、用途の広さなどをアピールする日なのです。OK

日本には北海道から九州までオニグルミやヒメグルミが自生していましたが、

腐敗し難く貯蔵性に富むため

大変に古く縄文時代から食べられていたみたいです。オドロキ

豊臣秀吉の時代には、中国か朝鮮半島からペルシャ系のくるみが持ち込まれました。

朝鮮出兵の時に武士が持ち帰り故郷に植えたのが初めと言う説もあります。

このくるみは日本在来種のヒメグルミやオニグルミと区別して、

唐から胡桃・朝鮮胡桃と呼ばれました。 オドロキ

江戸時代に中国からテウチグルミ( カシグルミ )が、

明治以降アメリカからペルシャグルミが渡来し栽培されるようになりました。

明治初期、生糸貿易商のアメリカ人、ボアンカレーという人が

カルフォルニアからフランケットというカシグルミを持ってきて、

軽井沢の別荘でこの地方の人たちに栽培をすすめたと伝えられています。ニコニコ

画像は六甲山のオニグルミ


同じカテゴリー(情報)の記事画像
「果物と野菜の区別って何?」
「ひな祭りにはモンブランのスイーツも衣替えです。」
「ふーふーふー2月22日はおでんの日。」
「なぜひな祭りは桃の節句というの?」
「1月20日は大寒、そして甘酒の日です。」
「2月17日は天使のささやきの日です。」
同じカテゴリー(情報)の記事
 「果物と野菜の区別って何?」 (2018-02-24 06:54)
 「ひな祭りにはモンブランのスイーツも衣替えです。」 (2018-02-23 06:57)
 「ふーふーふー2月22日はおでんの日。」 (2018-02-22 06:54)
 「なぜひな祭りは桃の節句というの?」 (2018-02-21 06:57)
 「1月20日は大寒、そして甘酒の日です。」 (2018-02-20 06:56)
 「2月17日は天使のささやきの日です。」 (2018-02-17 06:56)

Posted by 松田安正 at 06:58│Comments(0)情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。