モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
湊川店オープン
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
マカロン電報
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年10月26日

「10月26日はデニムの日。」



10月26日はデニムの日

岡山県のデニム・ジーンズ企業で構成される岡山デニム協同組合が制定。

世界中で親しまれている岡山のデニム製品の素晴らしさを

より多くの人に知ってもらうことが目的。!

日付は10と26で「デ(10=Ten)ニ(2)ム(6)」の語呂合わせから。キョロキョロ

昔はジーパン、ジーンズと呼んでいたのがいつの頃からデニムになったのだろうオドロキ

実は定義が意外と曖昧だったりもするのですが、調べてみました。

デニムは織物の種類の名前で縦糸に色のついた綿番手20番以下の太い糸を使い、

横糸には縦糸よりも細い無色の糸(まれに色糸)を使った厚手の綾織物らしく

デニムは藍色やインディゴの染料で染められることが

一般的のようですが、ブルー以外でも同じ製法の織物であればデニムと呼ぶらしい。!

ジーンズは通常コットン製の厚手の織物を使用し、

生産性向上のための直線的裁断カッティングと商品を頑丈にするため“巻き縫い”など

特殊な縫製方法を用いて製造されたパンツのこと。

デニム以外でも、他のコットン素材の厚手織物生地を用いて、

上記の特別な縫製方法で製造されたパンツはジーンズと呼ばれるようです。OK

というわけで厳密には、みんなが普段“デニム”だと思っている生地以外にも

デニムと呼べる生地があったり、“ジーンズ”と呼べるパンツがあったり、

という感じで結構ややこしいのですが、一般的にはざっくりと、

デニム=生地、ジーンズ=パンツと言う事でしょうか・・・・ニコニコ


同じカテゴリー(情報)の記事画像
「11月25日はOLの日。」
「11月23日は金柑の日。」
「11月22日は長野県りんごの日。」
「11月21日はフライドチキンの日。」
「加古川青年会議所のOB会、春秋会に出席しました。」
「きつねとたぬき。」
同じカテゴリー(情報)の記事
 「11月25日はOLの日。」 (2017-11-25 06:57)
 「11月23日は金柑の日。」 (2017-11-23 06:53)
 「11月22日は長野県りんごの日。」 (2017-11-22 06:55)
 「11月21日はフライドチキンの日。」 (2017-11-21 06:57)
 「加古川青年会議所のOB会、春秋会に出席しました。」 (2017-11-20 06:57)
 「きつねとたぬき。」 (2017-11-19 06:54)

Posted by 松田安正 at 06:55│Comments(0)情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。