SWEETS GIFT
LINEスタンプ「パティシエ・ムッシュ君family」販売中
モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年10月27日

「もうすぐハロウィンですが・・・・・」



もうすぐハロウィンですが、ハロウィンといえばアメリカが有名ですが、!

実はもともとは別の国のお祭りだったものを、アメリカが勝手に輸入して現在に至っているらしいオドロキ

ハロウィンは、もともとケルト人(ケルティック)のお祭りでした。

ケルト文化では11月1日が新年とされており、!

10月31日はそのイブということになります。

それをローマカトリックが、835年に全ての聖人の日と定め、

その後各地に広まっていったらしいです。アップ

現在でも多くのケルト人の住んでいる国と言えば、アイルランド。

ですから、ハロウィンの始まりはアイルランドだと言ってもいいようです。オドロキ

では、ハロウィンとは、本来どういったお祭りなのでしょうか?

ケルト文化では、新年の前日であるハロウィンの日に、

その年に死んだ人の魂が帰ってくると信じられています。

つまり、日本で言えばお盆のような行事なのです。オドロキ

ですがその日は、いい魂だけではなく悪い魂も帰ってきてしまいます。

その悪い魂が家に入り込まないように、

悪魔除けの意味としてカボチャをくり抜いて作る“ジャックランタン”を飾るのです。

ジャックランタンも、もともとはカボチャではなくカブを使っていました。オドロキ

ですから、今でもハロウィンの飾りにはカボチャの他にもカブで作ったものもあるのです。ニコニコ


同じカテゴリー(情報)の記事画像
「6月23日はオリンピックデー。」
「甘露煮の話。」
「6月21日はスナックの日。」
「6月20日はペパーミントの日です。」
「京都で打ち合わせがありランチはにしん蕎麦を食べました。」
「6月18日はおにぎりの日。」
同じカテゴリー(情報)の記事
 「6月23日はオリンピックデー。」 (2018-06-23 06:55)
 「甘露煮の話。」 (2018-06-22 06:56)
 「6月21日はスナックの日。」 (2018-06-21 06:57)
 「6月20日はペパーミントの日です。」 (2018-06-20 06:55)
 「京都で打ち合わせがありランチはにしん蕎麦を食べました。」 (2018-06-19 06:56)
 「6月18日はおにぎりの日。」 (2018-06-18 06:55)

Posted by 松田安正 at 06:56│Comments(0)情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。