モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
湊川店オープン
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
マカロン電報
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年11月02日

「誇りある国日本(にっぽん)パートⅡ」



加古川ロータリークラブの例会に出席しましたOK

本日は高田勝典会員の卓話でテーマは !

「誇りある国日本(にっぽん)パートⅡ」

先ずは子どものころからの歴史観から始まり・・・・

戦争の話、ベトナム、台湾に研修旅行に行った話・・・・などなどチョキ

最後に感動した高田会員の言葉がありますのでご紹介します。ピカピカ

「私は近年中国の古典 四書五経のひとつ易経に興味を持ち

その教えを生き方の指針としています。

易経の第一人者 竹村亜希子先生という方がいまして

難解な易経をわかりやすく解説してくれるので、勉強を初めてかれこれ5年になります。オドロキ

易経の教えの中で、時中(じちゅう)と時流というものがあります。!

時中(じちゅう)というのは、時の中という字を書きます あたる 

中(ちゅう)するという意味で 時が通ると理解します。その時 その時に

適切な判断をして行動する。そうすれば時が通るうまく行き差障りがないという意味です。花まる

例えば春に種を撒き、夏に水をやり世話をする。

秋に収穫を得て、冬はじっくりと大地に力を蓄える。

冬に種を撒いたら草木は枯れ、夏に収穫しようと思っても、実っていない。

ぴったりとした事をすれば、誰もが頷き上手く行く。それを時が通る 時中と言います。

今 やるべき事 今の時中は何かを感じとり行動する力こぶ

そして日本人としての誇りを取り戻すべく

そして日本(にっぽん)人としての誇りを持ち戻すべく

微力ではございますが、国民の一人として頑張っていきたいと思います。ニコニコ


同じカテゴリー(研修)の記事画像
「日本青年会議所 菓子部会2017年度秋季総会in熊本。」
「地域に貢献できる人財へ〜地域と共に生き共に栄える経営哲学とは〜」
「パティスリー見学とスパカツ。」
「ほくれん丸の船内に入りました。」
「釧路は酪農王国!。」
「タカナシ乳業さんの北海道工場に視察に行きました。」
同じカテゴリー(研修)の記事
 「日本青年会議所 菓子部会2017年度秋季総会in熊本。」 (2017-10-24 06:57)
 「地域に貢献できる人財へ〜地域と共に生き共に栄える経営哲学とは〜」 (2017-10-20 06:56)
 「パティスリー見学とスパカツ。」 (2017-09-24 06:57)
 「ほくれん丸の船内に入りました。」 (2017-09-23 06:56)
 「釧路は酪農王国!。」 (2017-09-21 06:57)
 「タカナシ乳業さんの北海道工場に視察に行きました。」 (2017-09-19 06:57)

Posted by 松田安正 at 06:56│Comments(0)研修
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。