モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
湊川店オープン
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
マカロン電報
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年11月22日

「11月22日は長野県りんごの日。」



長野県りんごの日

JA長野県経済連(現在のJA全農長野)等が1999(平成11)年に制定。!

長野県産林檎の主力品種が「ふじ」であることから「いい(11)ふじ(22)」の語呂合せと、

「いい(11)ふうふ(22)」(いい夫婦)→「アダムとイヴ」→「林檎」との連想から。オドロキ

これはなかなか!語呂合わせだけではなく意味深いですね・・・・・キョロキョロ

りんごは日本人に馴染み深い果物のひとつですが、

日本に伝わったのは平安時代頃に中国から渡ってきたという説があります。!

その後、本格的に日本で栽培がされるようになったのは

明治からで、アメリカからりんごの苗木が持ち込まれ、

はじめは全国でこの苗を植えてみますが、

特に青森と長野が生育に適していることが分かり、主な産地となったそうです。ピカピカ

りんごを使った有名なスイーツの代名詞は『タルト・タタン』 です。りんご

このケーキ、タタン姉妹の失敗から生まれた、と言うのはあまりにも有名なお話。

19世紀、フランスの中部地方でホテルを経営していたタタン姉妹。

厨房を預かるのは姉。いつものように林檎のタルトを焼こうと、

通常なら生地を下にしいてその上に林檎を並べるところ、林檎を先にいれてしまった。

時間がないことから妹が慌てて、生地を林檎の上にかぶせて焼いた。ちっ、ちっ、ちっ

出来上がったタルトをひっくり返したら、

なんとそれがとっても美味しかった。

それ以来このタルトは 『タルト・タタン』 と呼ばれるようになったという話です。ニコニコ


同じカテゴリー(情報)の記事画像
「弘前でランチはラーメン。」
「世界のクリスマスケーキ~イギリス~。」
「12月13日はビタミンの日。」
「世界のクリスマスケーキ~イタリア~」
「毎月10日はパンケーキの日。」
「クリスマスの花言葉。」
同じカテゴリー(情報)の記事
 「弘前でランチはラーメン。」 (2017-12-17 06:57)
 「世界のクリスマスケーキ~イギリス~。」 (2017-12-15 06:55)
 「12月13日はビタミンの日。」 (2017-12-13 06:57)
 「世界のクリスマスケーキ~イタリア~」 (2017-12-12 06:56)
 「毎月10日はパンケーキの日。」 (2017-12-10 06:56)
 「クリスマスの花言葉。」 (2017-12-09 06:56)

Posted by 松田安正 at 06:55│Comments(0)情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。