モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
湊川店オープン
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
マカロン電報
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年11月28日

「11月28日はフランスパンの日。」



日本フランスパン友の会は11月28日を「フランスパンの日」に制定されています。!

11(いい)28(フランスパン)との語呂合わせによるもの・・・・キョロキョロ

フランスのパンは、小麦粉、塩、イースト、水の4つの材料で作ったものが主流です。

バゲットやバタールなどが主流ですが長さや重さやなどで名前が代わるのです OK

パリジャン「パリっ子」という意味で棒状のパンでは最も長太いパンです。 チョキ

バゲット「棒、杖」という意味でフランスパンの代表格 長細いので皮の部分が多く、

中味より皮が好きだという人向けのパンですOK

バタール「中間」という意味でパリジャンとバゲットの間に位置するパン。

名前もそのまま中間という意味なのです。 オドロキ

フルート「フルート」という意味バゲットより一回り細いですが、用途はほぼ同じです。

フィセル「ひも」という意味で細長いのでほとんど皮を食べるという感覚のパン。OK

エピ「麦の穂」という意味で焼く前にハサミで生地を切って形を作ります。

麦の穂をイメージしたパンで、ベーコンを挟んだベーコンエピが有名なのです。 花まる

クーペ「切る」という意味で切り込みが一本入ったすっきりした外観で、

丁度ラクビーボールのような形のパンです。

ブール「ボール」という意味で最も一般的な丸形のパン。

このブールから、ブーランジェリー(パン屋)の言葉が生まれました。 ニコニコ



同じカテゴリー(情報)の記事画像
「弘前でランチはラーメン。」
「世界のクリスマスケーキ~イギリス~。」
「12月13日はビタミンの日。」
「世界のクリスマスケーキ~イタリア~」
「毎月10日はパンケーキの日。」
「クリスマスの花言葉。」
同じカテゴリー(情報)の記事
 「弘前でランチはラーメン。」 (2017-12-17 06:57)
 「世界のクリスマスケーキ~イギリス~。」 (2017-12-15 06:55)
 「12月13日はビタミンの日。」 (2017-12-13 06:57)
 「世界のクリスマスケーキ~イタリア~」 (2017-12-12 06:56)
 「毎月10日はパンケーキの日。」 (2017-12-10 06:56)
 「クリスマスの花言葉。」 (2017-12-09 06:56)

Posted by 松田安正 at 06:57│Comments(0)情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。