SWEETS GIFT
LINEスタンプ「パティシエ・ムッシュ君family」販売中
モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2017年12月18日

「世界のクリスマス料理。」



世界中では国によって色々なクリスマス料理やお菓子を作って

クリスマスをお祝いしています。花火

意外と知らない各国のクリスマス料理を御紹介します。!

七面鳥のロースト(アメリカ)

日本では鶏肉でも代用されますが、本場欧米やヨーロッパではメインとなる料理です。OK

付け合わせで栗を選びます。

ローストビーフ(イギリス)!

もちろん、クリスマスの家庭ではローストチキンを食べる習慣もあります。

牛肉を食べる習慣もあるので、ローストビーフも立派なクリスマス料理ですよね!OK

ラパンのグリル(フランス)

ラパンとはウサギのことです。

日本人にはなじみがない動物なので考えられないですが、

フランスではクリスマスの時期になると市場にはたくさんの

鶏肉やウサギが売られているそうです。オドロキ

ジビエ(野生動物)を食す習慣がある国ですので、

お祝い事などの時には栗の実などと一緒にオーブンでこんがりと焼きます。

幸運を呼ぶミルク粥(フィンランド)!

フィンランドの方では「リーシプーロ」といいます。

ミルク粥は寒い地方ならではの料理ですね。

ミルクで見えなくなるのですが、こっそりと皮なしアーモンドも一緒に料理します。

もし、自分のお皿にこのアーモンドが入っていたら一年ラッキーな年になるそうです。ニコニコ


同じカテゴリー(情報)の記事画像
「6月21日はスナックの日。」
「6月20日はペパーミントの日です。」
「京都で打ち合わせがありランチはにしん蕎麦を食べました。」
「6月18日はおにぎりの日。」
「6月16日は和菓子の日です。」
「夏場の栄養補給と 夏ばて防止に!!」
同じカテゴリー(情報)の記事
 「6月21日はスナックの日。」 (2018-06-21 06:57)
 「6月20日はペパーミントの日です。」 (2018-06-20 06:55)
 「京都で打ち合わせがありランチはにしん蕎麦を食べました。」 (2018-06-19 06:56)
 「6月18日はおにぎりの日。」 (2018-06-18 06:55)
 「6月16日は和菓子の日です。」 (2018-06-16 06:57)
 「夏場の栄養補給と 夏ばて防止に!!」 (2018-06-14 06:56)

Posted by 松田安正 at 06:58│Comments(0)情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。