SWEETS GIFT
LINEスタンプ「パティシエ・ムッシュ君family」販売中
モンブランのモンブランvol55
神戸山茶花のリーフパイが神戸セレクション.10に認定されました。
べっぴんさんイメージスイーツ
神戸初恋檸檬
サンテレビ「お菓子な時間」
オリジナルプリントケーキ
神戸セレブ饅頭
お・も・て・な・し半熟チーズ
第26回「全国菓子大博覧会・広島」農林水産大臣賞受賞
ほほえみマダム
協同組合 全日本洋菓子工業会 50周年記念誌 座談会
関西テレビ放送「関ジャニ∞のジャニ勉」でモンブランKOBEが紹介されました。
モンブラン ホームページ
ヴレ クーフゥ
スタッフ募集中
安井寿一復刻展開催

2018年06月10日

「6月10日はところてんの日。」



関西地方では古くから、ところてんは黒蜜とともに食べることが主流といえます。OK

一般的に関西人は、ところてんをおかずというより、甘いおやつ感覚で食べてきた人が多いんですよ。チョキ

関西から関東に移り住んだ方たちは、ところてんに酢醤油や三倍酢をかける食べ方に

当初戸惑うそうです。キョロキョロ

そして、昔馴染みの「黒蜜とともに食べるほうがよい派」と、

新しい味として「酢醤油で食べるほうがよい派」に分かれるようです。オドロキ

東北地方のところてんは、おかずとして食べられていることが多いようです。

酢醤油はもちろんのこと、生姜醤油、味噌をかけていただくことも少なくないのだそう。オドロキ

宮城県では、砂糖をかけていただくのが常識なようです。オドロキ

中部地方では三杯酢でいただくことが多いのだとか。

四国では、だし汁やめんつゆでいただくことが主流となっているようです。

この食べ方が根付いている人にとっては、

ところてんをデザートとして食べることが信じがたいんだとか……。 ちっ、ちっ、ちっ

沖縄では酢醤油でいただくこともあるそうですが、

沖縄産の"黒蜜"や、泡盛を製造する際に生じたもろみ粕を濾過してできる"

もろみ酢"をかけることも多いんだとか。名産物が多い沖縄ならではの食べ方ですね。ニコニコ


同じカテゴリー(情報)の記事画像
「6月23日はオリンピックデー。」
「甘露煮の話。」
「6月21日はスナックの日。」
「6月20日はペパーミントの日です。」
「京都で打ち合わせがありランチはにしん蕎麦を食べました。」
「6月18日はおにぎりの日。」
同じカテゴリー(情報)の記事
 「6月23日はオリンピックデー。」 (2018-06-23 06:55)
 「甘露煮の話。」 (2018-06-22 06:56)
 「6月21日はスナックの日。」 (2018-06-21 06:57)
 「6月20日はペパーミントの日です。」 (2018-06-20 06:55)
 「京都で打ち合わせがありランチはにしん蕎麦を食べました。」 (2018-06-19 06:56)
 「6月18日はおにぎりの日。」 (2018-06-18 06:55)

Posted by 松田安正 at 06:53│Comments(0)情報
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。